30代になってもシワが目立たない肌にするために

 
30代になってもシワが目立たない肌にするために 

若い頃と比べると顔にシワが目立つようになった…と感じたことはありませんか?

30代になると肌は乾燥しやすくなり、目元・口周り・眉間にシワが目立ち始めます。

シワがあると実年齢よりも老けた印象を与えてしまうことも…。

30代になってもシワのない肌を目指すために、シワがどうしてできるのかその原因を見てみましょう。

 

 

シワの種類とその原因

シワをよく見てみると目尻の細かいシワや、ほうれい線などシワの深さ・状態が異なっていませんか?

ひとことにシワといっても、原因によって出来るシワにはタイプは異なります。

シワのタイプは大きく3種類に分けられます。

あなたの気になるシワはどのタイプかチェックしてみましょう。

表皮型→ちりめんジワ・小ジワなど

表皮型のシワは目尻のちりめんジワや、口周りの小ジワなど範囲が狭く細い線が集まったようなシワのことを指します。

肌の水分が不足することで皮膚の表面が乾燥し、ひび割れのような細かいシワを作る原因となってしまうのです。

表皮型のシワを放置したままでいると、乾燥が角質層の置くまでシワが深くなってしまうことも…。

そんな乾燥が原因となっている小ジワを見つけた時は、早めに対策ケアを行うことが大切です。

 

乾燥小じわって?

真皮型→紫外線ジワ・中ジワ・大ジワ

小ジワよりも深く濃く見えるシワのことを差します。

加齢によるターンオーバーの低下や、紫外線のダメージによって引き起こされることが多く、ほうれい線や、頬のたるみに見られるシワです。

角質層の奥・真皮層のコラーゲンやエラスチンなど、弾力に欠かせない成分の減少が主な原因と言われています。

表情筋型→表情筋に沿ってできるシワ

表情を作った時に出来る肌のシワが元に戻りにくくなり、顔の筋肉に沿って出来るシワのことを差します。

表情を作った時により深くなり、無表情の時は比較的目立ちにくいのが特徴です。

表情型のシワは筋肉が緊張状態にあったり、常に力が入っていることで元に戻る柔軟性が低下してしまうことが原因で起こります。

眉間のシワや、おでこの横ジワなどが表情型のシワと言えますね。

 
30代になってもシワが目立たない肌にするために
 

それぞれのシワの対策(シワが目立たない肌にするための対策)

30代になっても顔のシワが目立たない若々しい肌を目指すためには、どんな対策を行うのが良いのでしょうか。

シワのタイプ別に有効な対策方法を調べてみました。

エイジング対策に何を始めたらいいのか迷っている人もぜひ参考にしてみてくださいね。

表皮型の対策

乾燥が原因でシワになりやすい表皮型のシワには、スキンケアでしっかりと保湿を行うことが大切です。

30代に入ると肌のバリア機能が低下し、肌本来の潤いが蒸発しやすくなります。

潤いを与えるだけでなく、肌本来の潤いを守る効果が期待出来る成分が配合されたスキンケアを行うことがおすすめです。

さらにスキンケアのバランスも見直してみましょう。

保湿効果が高いからと言って、クリームを多くシワに塗り込むだけでは肌がベタつき、ニキビなどの肌トラブルのもととなります。

化粧水で水分の通り道を作った後に、美容液でたっぷりと潤いを与えてあげましょう。

最後に潤いを逃がさないようにクリームでしっかりとフタをするように馴染ませることを忘れずに。

浸透力の高い美容液は角質の奥まで潤いで満たし、表皮型のシワの改善へと繋がります。

乾燥が気になる時は美容液を多めに肌に馴染ませて、乾燥ジワのケアを行ってみましょう。

真皮型の対策

深いシワになりやすい真皮型のシワには、肌の老化を防ぐエイジングケア対策がおすすめです。

スキンケアには肌のターンオーバーを高める美容成分や、肌老化の元となる活性酸素を除去する効果が期待出来る成分が配合された美容液や、クリームを使ってハリ・弾力を高めましょう。

また紫外線のダメージを受けることで肌の老化が進み、真皮型ジワが深くなるケースもあります。

屋外に出る時は曇りの日でもUVケアを忘れずに行いましょう。

特に真皮の奥までダメージを届かせる紫外線「UVA」を防ぐ、PA「+」が多く表示されているものを基準に選ぶと良いでしょう。

表情筋型の対策

表情を作ることで深いシワが出来やすい表情型のシワは、スキンケアよりも顔の筋肉を動かすエクササイズがおすすめです。

顔の筋肉は体よりも小さく細かい動作を促す筋肉が集中しているため、力が入りやすく緊張状態が続くと元の状態に戻りにくくなります。

緊張しやすい強張った筋肉をほぐす動きをスキンケアと同時に取り入れることで、深いシワになりやすい表情型のシワを緩和へと導くことが出来ます。
 

顔の筋肉を緩める簡単なエクササイズ

  1. 正面を向いて軽く目を閉じ、大きく2回深呼吸をして力を抜いていきます。
  2. 目を開けて口を少し開けてボーッとした状態で5秒数えます。

    力入れずにゆったりと楽な姿勢をとりましょう。

  3. 次に目を大きく開き、口も大きく開け同じく5秒数えます。

    瞼をグイッと開けるようなイメージで行うとやりやすいですね。

  4. 2の状態へと戻り、5秒数えます。
  5. 1へ戻って深呼吸。

 
1~5の動きで1セットです。1日2~3回気づいた時に行いましょう。

特別な道具はいらないので、どこでも手軽に行うことが出来ますね。

顔のエクササイズは習慣付けることで、癖のようになっている表情型のシワも元に戻りやすくする効果が期待出来ます。

 

30代になってもシワが目立たない肌にするためについてのまとめ

30代になってもシワが目立たない肌にするために
 
30代になると若い頃には目立たなかったシワが、急に気になり始める人も多いですよね。

シワがあるとそれだけで老けたような印象になりやすいため、シワ対策に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

シワのタイプによっても対処方法が異なりますが、放置したままではどんなタイプのシワでも深く濃くなってしまいます。

30代になってもシワが目立たない若々しい印象を保つためにも、ここでご紹介した方法を参考に、ピンとハリのあるお肌を目指すシワ対策を始めてみてはいかがでしょうか。

 

30代の肌のハリ不足の原因と対策!そろそろ基礎化粧品ケア始めましょ