注目の記事 PICK UP!

不規則な生活習慣がもたらす肌への影響

生活習慣が乱れるとお肌の調子も乱れてしまいます
 
肌と生活習慣
美肌を作るためには、規則正しい生活が大切と言われていますよね。特に育児や、仕事のプレッシャーなど、30代を迎えると環境ストレスも増えていきます。

さらに睡眠不足や、偏った栄養バランスの食事を続けていると、肌トラブルを招くことも。

肌の調子が優れない…、ニキビが増えて目立ってきた…と悩みを抱える時は、外からのスキンケアばかりではなく、生活習慣を振り返ってみることもお勧めです。

生活習慣と、肌の状態の関係について探っていきましょう。
 

 

生活習慣と美肌の関係

寝不足が続いた日や、二日酔いで胃腸に負担がかかっている時は、肌にくすみが出たり、メイクのりが悪いと感じることはありませんか?

体が充分リラックスすることが出来ず、疲れがとれない状態が続くと目の下にクマや、顔色のくすみが目立つ場合もありますよね。

さらに喫煙や飲酒、過食状態が続くと栄養吸収に必要な胃腸、内臓に負担がかかり、ニキビなど肌が荒れやすい状態になることも。

何気にない毎日の生活習慣が肌へ与える影響は大きいのです。

毎日の生活の中で、美肌を保つのに欠かせない習慣を見直してみましょう。

 

 icon-check-square-o 関連記事

睡眠時間

美肌に大切なのは睡眠時間の多さよりも、短時間でも質の良い睡眠をとることです。

早く寝る体制に入ったのに、寝つきが悪くなかなか眠りに入れない…、朝寝起きが悪くて頭がボーっとしてしまう…と悩むときもありますよね。

そう感じる場合も質の良い睡眠がとれていない証拠です。質の良い睡眠をとるために心がけたいことをまとめてみました。

  • 夜22時~2時の間までにベットに入り、目を閉じて眠りに入る
  • 寝る前の30分はパソコンやスマホの使用は避ける
  • 寝る1~2時間前に入浴をして、体を暖まった状態にする

上記以外にも、夕ご飯は寝る時間の3~4時間前に済ませておくと、体内で栄養素が吸収されやすくなります。

22時~2時の間は成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯と言われ、肌のターンオーバーを高める働きがあり、美肌とも大きな繋がりがあります。

成長ホルモンは脳が深い睡眠に入る時にもっとも活発に分泌されるので、短時間でも深い睡眠を得られれば、肌の状態を高めることが出来ます。

ストレス

『ストレスは万病の元』という言葉があるように、ストレスは肌にも影響を与えます。

時間に追われてリラックスすることが出来なかったり、仕事で大きなプレッシャーを抱えた状態が続くと、顔全体にくすみが現れることも。

精神的なストレスを受けることで、肝臓や内臓の体内にあるデトックス器官が、毒素を排出しにくくなることでも起こります。

顔色が悪い、メイクのりが良くないと感じた時は、なるべく飲酒・喫煙を避けて、内臓器官に負担をかけないように過ごすのがお勧めです。

疲労

疲労が溜まると、何もしたくなくなる程動けない時もありますよね。精神的な疲労はストレスとして蓄積し、体内の肝臓や内臓に負担がかかります。

疲労の解消には、ゆっくり湯船に浸かり、体を温めてリラックスしやすい状態を高めましょう。

疲労が溜まると血液循環は悪くなり、老廃物が体外へ排出されにくくなります。肌の新陳代謝も滞りがちになることも。

湯船に浸かることで血行を促進させる効果を高めるだけでなく、汗をかき、肌を清潔に保つことでデトックス効果が期待出来ます。

湯船に入る時間が取れない時は、蒸しタオルを首の後ろのうなじ部分に当てることもお勧めです。

首は神経が集まり血管も多い場所ですが、筋肉が収縮しやすくコリやすい部分でもあります。

疲労はコリとしても体の筋肉に蓄積されるので、血管が多く皮膚の薄い首部分や、鎖骨周りのリンパ部分を温めることで、肩こり、首こりを改善する効果を高めます。

特にデスクワークが多い人は、肩周りが硬くなりやすく、疲れを感じることも多いですよね。

蒸しタオルは水で濡らしたタオルを電子レンジで1分半程(500wの電子レンジの場合)温めれば、簡単に出来上がります。

寝る前に血行を良くすることで、リラックス効果も高まり、質の良い睡眠をとることにも繋がりますね。

生活習慣の改善は、ほんの少しのことから積み重ねられることが大切です。

スマホを寝る前に使わなくなるだけで寝やすくなり、肌の調子が良くなったという意見もありました。

生活習慣を見直して、簡単な部分から試してみることが大事ですね。
 

まとめ

肌と生活習慣
生活習慣は癖のようになっている人も多く、急にすべてを変えることは難しいですよね。

しかし1つでも改善出来るように心掛けるだけで、美肌だけでなく、体内の健康にも繋がります。

特に30代は環境ストレスを抱え込むやすい年代でもあり、しわやシミといった肌の老化サインも目立ち始める頃です。

生活習慣を見直すことで、体の内側からも美肌を保てるように目指しませんか。

関連記事

  1. 肌と食生活!スキンケアは化粧品だけでは済ませません

  2. 美肌作りのために日常生活を見直す

PAGE TOP