日焼けの原因はメラニン色素の過剰分泌?!

 
日焼けについて
 

長時間外に出て太陽を浴びたり、UV対策をしないまま過ごして日焼けしてしまったことはありませんか?

日焼けすると肌がヒリヒリと赤くなったり、黒くシミのように跡が残ってしまうこともありますよね。

日焼けの原因は紫外線にあることは広く知られていますが、なぜ紫外線を浴びるとシミになると言われているのでしょうか。

今回はそんな身近な「日焼け」について詳しく見てみましょう。

 

 

日焼けが起こる理由

日焼けは太陽に含まれる紫外線を浴びたことが原因で、ダメージから肌を守ろうとする防御反応の一種です。

そして、肌ダメージを与える紫外線には、2種類のタイプがあります。

紫外線の種類

紫外線にはUV-A波とUV‐B波があり、それぞれ異なる特徴を持っています。
 

肌ダメージを与える2種類の紫外線

UV‐A波
エネルギーは弱く耐久性はないが、ガラスを通る程の強さがある。

肌を黒くし、B波よりも日焼け跡が長引きにくい。

 

UV‐B波
エネルギーがA波よりも強く、耐久性がある。

角質層の奥まで入り込み、シミとして沈着する力をもっている。

ヒリヒリと刺激を与え、赤みが残りやすい。

 
どちらもダメージを与えますが、シミとして沈着しやすいのはUV-B波です。

A波は紫外線を浴びた後のダメージは大きいですが、耐久性がないので肌細胞に沈着する程の力は低いと言えます。

日焼けをするとシミになりやすい?

紫外線が肌にダメージを与えるとメラノサイトが反応しダメージから肌を守るためにメラニン色素が過剰に分泌されます。

メラニン色素は通常であれば、古い角質とともに剥がれ落ちるため、シミになりにくくなっています。

しかし、過剰に分泌されることで、肌のターンオーバーではすべて排出することが出来ず、肌に色素が沈着してしまいシミとなって現れるのです。

メラニン色素は時間をかけて肌細胞に沈着するため、耐久性の高いUV-B波を浴びた後でもしっかりと対処方法を行えば、日焼けによるダメージを減らすことが出来ます。

日焼けをした後の対処方法

日焼けをした後の肌ダメージを少なくシミにしないためにも、対処方法を覚えておくと役立ちますよ。

日焼けをした肌の状態に合わせた対処方法を見ていきましょう。

日焼け跡が赤くなっている場合はしっかりと冷やす

肌が赤くなる程の日焼けは、低温やけどに近い状態と言えます。

顔の中では頬や鼻が赤くなることもありますよね。

炎症が起きている可能性もあるので、保冷剤をタオルで包んでたっぷり冷やしましょう。

メラニンの活性化を防ぐ効果が期待出来る「ビタミンC」を摂取する

ビタミンCは、シミの原因となるメラニン色素を抑制する効果が期待出来ます。

ビタミンC含有量が多いイチゴ・柑橘類を積極的に食べましょう。

また緑黄色食野菜には、ビタミンCの他にメラニンの生成を抑制する効果が期待出来る「β‐カロテン」、肌の老化を防ぐ効果が期待出来る「ビタミンE」も含まれています。

野菜や果物を食べるのが難しい時は、サプリメントで補うのもおすすめです。

水ぶくれや、盛り上がったシミを見つけたら病院を受診する

日焼け後の肌に水ぶくれや、盛り上がったほくろのようなシミを見つけた時は、皮膚科を受診しましょう。

水ぶくれは赤みよりも火傷の症状に近いため、病院で薬を処方してもらった方が早く安全に治すことが出来ます。

日焼けをした後の対処方法の他にも、日焼け対策も見てみましょう。

 
日焼けについて
 

紫外線を防ぐための日焼け対策とは

紫外線を防ぐ対策として、UVケアは子供から大人まで行っているスキンケア対策ですよね。

UVケア商品の「SPF」「PA」という表記の高いものが紫外線カット率が高いということは有名ですが、それぞれ何を表しているのかご存知ですか?
 

SPFとPAについて

SPF
紫外線のUV-B波を防ぐカット率を数値化したもの。

現在は国内ではSPF50+が最高値とされている。

どれくらい長い時間UV-B波のダメージを防止出来るかを表している。
 
PA
紫外線のUV-A波を防ぐカット率を表したもの。

「+」の数が多いもの程カット率が高く、現在ではPA++++が最高値とされている。

 
数値が高いものが好まれる傾向にありますが、数値が高いもの程肌に刺激が強くなっています。

敏感肌や乾燥肌の人は長時間使用すると、肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

日焼け止めを使う時はアウトドアや長時間屋外で作業する場合のものと、日常生活や屋内にいる時に使う物で使い分けてみましょう。

また日焼け止め、化粧下地、ファンデーション…とベースメイクを塗り重ねるのが面倒な時は、日焼け止め効果のあるCCクリームをファンデーション代わりに使用するのがおすすめです。

最近では色ムラ・皮脂崩れを防ぐ高機能タイプも販売されています。

日焼け止めだけでは心もとない時も、手軽に美肌メイクを楽しむことが出来ます。

その他にも衣服でUVカット出来るものや、「飲む日焼け止め」と呼ばれるサプリメントも販売されています。

シミの原因となる日焼けを防いで、紫外線の多い夏場も楽しく過ごしていきたいですね。

日焼けについてのまとめ

日焼けについて
 

日焼けはただ肌が黒くなるだけではなく、肌の奥にダメージを沈着させ時間をかけてシミになって現れます。

顔にシミが目立ってしまうと、急に老けてしまったような印象を受けますよね。

肌の老化を防ぐためにも、 UV-A波とUV-B波の両方の紫外線を防ぐケアを行うことが大切です。

自分の肌や、体質にあった紫外線対策を見つけて、上手く日焼けと付き合っていきたいですね。