乾燥肌におすすめのクレンジングタイプと使用方法

 
乾燥肌におすすめのクレンジングタイプと使用方法
 

クレンジング後の肌の乾燥が気になることはありませんか?

特に乾燥肌の人は、メイク落とし後のツッパリ感を強く感じることもありますよね。

しっかりメイクを落としたいけど肌ダメージがあるクレンジングは使いたくない…肌が乾燥気味で荒れやすく肌に刺激を与えにくいクレンジングが知りたい…など、今回はそんな乾燥が気になる人におすすめのクレンジングタイプと、使用方法をご紹介します。

クレンジング選びに悩んだ時の参考にしてみてくださいね。

 

 

乾燥肌におすすめの肌負担が少ないクレンジングとは

クレンジングも様々なタイプが販売されていますよね。

その中でも乾燥肌におすすめなのが、ミルクやクリームといった油分が多く配合されているタイプのクレンジングです。

油分が多く配合されていると、肌にクレンジングを馴染ませる時に、摩擦が少なくメイクを浮かせることが出来ます。

また油分が含まれていることで、顔を濯いた後もツッパリ感を防ぎ、しっとりと洗い流します。

ミルクタイプはさっぱりとした乳液のようなテクチャーのものが多く、クリームタイプは濃厚で美容成分が多く配合されているものもあります。

乾燥肌のクレンジングの正しい使用方法とは

クレンジングはメイクを落とすのに欠かせないスキンケアアイテムですよね。

正しい使用方法をマスターすることで、その後の洗顔・化粧水などの効果を高めることが出来ます。

乾燥肌の正しいクレンジング方法を詳しく見てみましょう。

なんとなくクレンジングを行っている人も参考にしてみてくださいね。

  1. 手をきれい洗って汚れや、余分な皮脂を落とします。
  2. アイメイクなどのポイントメイクは、専用のリムーバーでファンデーションとは別に落としましょう。

    ポイントメイクは水や汗に強い成分が多く配合されているので、専用リムーバーをコットンや綿棒に浸して使うと、きれいに色素を残すことなく落とせます。

  3. 1回分のクレンジングを手に取り、おでこ・両頬・鼻・あごに乗せてからクルクルと顔全体に馴染ませていきましょう。

    ファンデーションと同じ手順でクレンジングを馴染ませると、メイクの濃い部分もしっかりと落ちやすくなります。

    乾燥肌の人は摩擦に弱いので、クレンジングの滑りが悪いと感じた時は量を多めに使うのもポイントです。

  4. クレンジングが肌に馴染んだら、少量のぬるま湯を手に取り「乳化」させます。

    ぬるま湯とクレンジングを肌でクルクルと混ぜると、乳白色に濁ります。

    乳化させることで濯ぐ際に肌負担が少なく、毛穴の奥のメイク汚れも落とすことが出来ます。

  5. 乳化したクレンジングをぬるま湯で丁寧に濯いで落としましょう。

    顔を指でゴシゴシ擦ることはせずに、顔にお湯を広げるようなイメージで流すのがおすすめです。

 
乾燥肌におすすめのクレンジングタイプと使用方法
 

乾燥肌の人が肌荒れした時に使えるクレンジング方法とは

普段丁寧にクレンジングしていても、肌荒れしてしまった時はメイク落としが合わないケースもあります。

いつもと同じクレンジングなのにヒリヒリする…、洗浄力の強いクレンジング剤しかない時も困ってしまいますよね。

そんな時におすすめの代用のクレンジング方法をご紹介します。

肌荒れをした時には、普段使っている美容オイルや、乳液を使ってメイクを落とす方法があります。

使う物:乳液、または美容オイル・蒸しタオル(2回分)

オイルや乳液を塗布する前に、蒸しタオルで毛穴を開かせ肌を柔らかくします。

蒸しタオルを顔に乗せて顔全体を温めましょう。

次に500円玉程の量の美容オイルまたは、乳液を肌に乗せてメイクと馴染ませていきます。

クルクルと指先を使って、肌全体が滑りやすくなるまで2~3分行いましょう。

最後に温かい状態の蒸しタオルを、馴染ませた油分を吸い取るように肌に押し当てます。

ゴシゴシ拭くと肌が傷ついてしまうので、肌をそっと押すように拭き取るのがおすすめです。

代用クレンジングが終わった後は、洗顔料で肌に残った油分をきれいに洗い流して完了です。

蒸しタオルは電子レンジで簡単に作ることが出来ます。

水で濡らしたタオルを良く絞り、500wで1分半程度温めれば熱々の蒸しタオルが完成です。

使う前に火傷を防ぐため、タオルを広げて熱さを確認するのを忘れずに。

蒸しタオルをクレンジング前に使うと、毛穴が開き皮膚も柔らかくなるため汚れが落ちやすくなります。

通常のクレンジングでも使えるので、毛穴汚れが気になる時にも試してみてはいかがでしょうか。

乾燥肌におすすめのクレンジングタイプと、使用方法まとめ

クレンジングで乾燥してしまうとスキンケアを行っても、肌荒れが気になる場合もあります。

肌荒れが気になる時はクレンジング剤を使わない方を行うことで、肌負担を減らす方法もおすすめです。

また乾燥肌の人は、肌タイプにあったクレンジングを使うことで、肌本来の潤いを守り、乾燥しにくい肌作りをクレンジングから目指すことが出来ます。

なんとなくメイク落としをしているという人は、クレンジングと使用方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

ファンケルのマイルドクレンジングオイルを使ってみた私的口コミ