• 30代のエイジングケア
  • エイジングケアについてご紹介しています。30代から始めるエイジングケアの方法やおすすめのスキンケア商品など、肌トラブルにあった対策をご紹介中です。

スキンケアをライン使いするメリット・デメリット

 

スキンケアをライン使いするメリット・デメリット

 

スキンケアを選ぶ時に同じシリーズの商品を組み合わせて使った方が効果的なのでは…と迷うことはありませんか?自分の求めるテクチャーと違うケースや高めの商品の場合は、ライン使いで一式を揃えるのはためらいますよね。

今回はスキンケアをライン使いで揃えるメリット・デメリットをご紹介します。

  • ライン使いじゃないと化粧品の効果は出ないのでは…
  • 気に入っているブランドのスキンケアだけは外せない

そんな時にスキンケアを揃えるポイントを押さえておくと、普段使っているスキンケアを買い足す時も大変便利です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ライン使いのメリット・デメリットとは

スキンケアは単体で使うよりも、化粧水・美容液・乳液などメーカーやシリーズを揃えて使った方が相乗効果が期待しやすいと言われています。

ライン使いの一番のメリットは配合されている成分量が計算されているので、お互いにケンカし合うことがなく浸透性を高めてくれる点にあります。

この他にもスキンケアのライン使いには、こんなメリットが期待出来ます。

  • それぞれのアイテムを使う順番がわかりやすい
  • 1つのメーカーで全て揃えることが出来る
  • 見た目に統一感が出てディスプレイしやすい

基本的なお手入れの「クレンジング・洗顔・化粧水・乳液」はほとんど使う順番が変わることはありませんが、メーカーによっては「美容液・部分用クリーム」など使う順番が異なるものもありますよね。

ライン使いの場合は効果がもっとも発揮できる組み合わせで推奨されている順番があるため、使用する順番に迷うこともありません。

また1つのメーカーで全ての商品を揃えることが出来るので、まとめてお得に買える定期購入などコスパに優れた買い方が出来るメリットも大きいですね。

デザインが揃っているので統一感もあり、見た目も華やかです。一方でライン使いはこんなデメリットもあります。

  • テクチャーや香りが自分の好みに合わない
  • スキンケアにかかる総額が高くなる
  • 他のメーカーのアイテムを購入しづらい

スキンケアをライン使いで揃えた時に肌の仕上がりがベタついたり、単体だと良い香りに思えたものも重ねて使うと濃く感じてしまうケースも多いです。

また一式を同じメーカーで揃えた場合、単体で購入出来るプチプラ商品と比べるとスキンケアにかかる合計金額はどうしても高くなります。

デパートコスメのように単価が高いスキンケアは自分が使いたいものだけを絞った方が、スキンケアにかかるコストを減らすことが出来ます。

 

スキンケアを揃える時のチェックポイント

ライン使いを上手く活かしてスキンケアを揃えたい時や、自分好みの商品でスキンケアラインを組み立てたい時のポイントを調べてみました。

  • 美容成分同士の相性の良いものでバランスをとる
  • 肌トラブルだけじゃなく自分の肌質もよく確認する

例えばコラーゲンの生成を促す効果が期待出来るプラセンタや、成長因子成分はビタミンC誘導体と相性が良くスキンケアの浸透力もアップします。

ビタミンC誘導体は肌のターンオーバーを促しシミ・くすみの原因となるメラニンを抑制する効果がある一方で、効果が高い種類程乾燥しやすいというデメリットがあります。

美白系のスキンケアラインで揃えたら肌の乾燥が目立つようになった…という時は、セラミドやヒアルロン酸など保湿力に優れたアイテムをプラスするとバランスがとりやすくなるのでおすすめです。

またシミやくすみ・シワなどお悩みだけに焦点を合わせてスキンケアを選ぶと、肌荒れや赤みなど思わぬ肌トラブルが出てしまうことも…。

メーカーのスキンケアラインを使う時は、最初にトライアルセットを上手く活用してテクチャーが気に入った商品だけを購入すると重点を絞った自分だけのスキンケアラインを作りやすいですね。

スキンケアをライン使いした時に「肌に合わない…」と感じた時も、理由を追及すると他の商品をプラスして自分だけのスキンケアラインを組み合わせやすくなります。

 

まとめ

スキンケアをライン使いするだけで、必ずしも肌がきれいになれる…というわけではありません。肌質やテクチャーが合わないと使い続ける度に、使い心地に納得出来ないのは残念ですよね。

  • ライン使い以外にスキンケアを選びポイントがわからない…
  • 店員にライン使いを勧められたけれど自分に合ってわからない…

そんな悩みを抱えた時は今回ご紹介したライン使いのメリット・デメリットをぜひ参考にしてみてくださいね。スキンケア選びはトライアルセットでお得にライン使いを試せるスキンケアも増えています。

気になるメーカーがある時はまずは少量のセットで、お肌との相性を試してみるのもおすすめです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。