• スキンケアプレスリリース情報
  • 色々なスキンケアのプレスリリースを見つけた時に情報としてお伝えしています。スキンケアの新商品をはじめ、メディアで話題になっているスキンケア情報やプレスリリースを見つけたらシェアしちゃいます。

アイシャンプーリフレッシュ

ぱっちりとした魅力的な目元を作るアイメイク。

疲れている時はクレンジングで落とすのが面倒に感じてしまうこともありますよね。

アイラインやマスカラなどアイメイクをしてる人におすすめの商品、目元専用のクレンジングにこんな商品が販売されたそう。

目もと専用クレンジング「アイシャンプーリフレッシュ」2018年11月11日(日)美しいまつ毛の日に新発売
【中略】
株式会社メディプロダクト(東京都港区代表:久保田恵里)は、より目もとをスッキリ洗浄するメントール成分を配合した目もと用クレンジング「アイシャンプーリフレッシュ」を、2018年11月11日(日)より新発売(通信販売にて先行発売)いたしました。


目元専用のクレンジングは色々なメーカーからポイントメイクリムーバーが販売されていますが、クレンジングと同時にまつ毛のダニ・埃などもすっきりケア出来る目元専用シャンプーは珍しいですよね。

「アイシャンプーリフレッシュ」は従来のアイシャンプーにメントール感をプラス。

目に染みる感じもなく、すっきり目元のクレンジング・まつ毛の洗浄が出来ちゃいます。

「アイシャンプーリフレッシュ」について詳しく見てみましょう。
 

アイシャンプーリフレッシュって?

元々「アイシャンプー」は2013年から販売されている商品で、目元の皮膚のクレンジングだけでなく、まつ毛の根元も洗うことが出来る日本初のマツ毛シャンプーとして大ヒット。

美容業界以外にも目の専門家の眼科医から、たくさんの支持を集めています。

マツ毛は埃や、外からの刺激から眼球を守る大切な働きがあるのは広く知られていますよね。

しかしマツ毛の根本に「マイボーム腺」という、乾燥から目を守る皮脂腺があることはアイメイクを毎日行う女性にもあまり知られていません。

マイボーム腺はちょうどアイラインや、マスカラなどのアイメイクを行う位置の近くにあります。

アイメイクが落とし切れていないとメイクの成分がマイボーム腺に詰まり、皮脂分泌がされてにくくなって目自体が乾燥してしまうことも…。

「アイシャンプー」はマイボーム腺付近の落ちにくいアイメイクもすっきりときれいに落として、まつ毛についた埃・汚れも隅々までさっぱり。

健康的な目元へと導いてくれます。

さらにものもらいなどの眼病の原因を生み出す、マイボーム腺に寄生しやすい顔ダニの繁殖を防いでくれるので、目の健康が気になる人にもとってもおすすめの商品なんです。

今回新しく販売された「アイシャンプーリフレッシュ」は、従来のアイシャンプーにスーッとする爽快感をプラス。

眠気をなんとかしたい時や、気分をシャキッとしたい時におすすめのクールタイプです。

メントール感があっても涙の成分に近い目に優しい成分で出来ているので、目に染みることなく安心して使えそうですね。

さらに「アイシャンプーリフレッシュ」には美容液成分も配合されているので、クレンジング後の保湿ケアも同時に行えちゃいます。

ポイントメイクのリムーバーでマツ毛が傷んでいるような気がする…と感じる時にアイメイクリムーバーとして使ってみたくなりますね。
 

アイメイクのクレンジングは隅々まで洗い落とすことが大切

マスカラやアイシャドウなどアイメイクを行った後は、必ずクレンジングが必要になりますよね。

最近ではウォータープルーフ加工の商品が増えて、汗や水に強く落ちにくいタイプが主流になっているため洗浄力のあるクレンジング剤は必須。

特にアイメイクはクレンジングで顔全体をサッと洗っただけでは落とし切れないことも多いのです。

まつ毛の目元にたっぷりついたマスカラや、目のキワまで引いたアイラインは端までクレンジング剤が届きにくいので、麺棒やコットンで拭き取らないと完全に落ちない場合もあります。

アイメイクが肌に残ってしまうと皮膚の薄い目元は色素沈着を起こし、茶色いクマの原因となってしまう可能性も…。

また毎日のアイメイクを短縮するために、マツ毛のエクステンションをしている人も多いですよね。

マツエクは油分に弱いため、クレンジング剤によってはエクステ自体が傷んでしまうケースもあります。

メイクに合わせてクレンジングを選んで、肌トラブルの原因を作らないように気を付けたいですね。
 

まとめ

目元のクレンジングはついつい面倒になって適当に済ませてしまう…そんな経験がある人も多いのでは。

アイライン・マスカラ・アイシャドウがクレンジングで落とし切れないと、色素が肌に沈着してしまい、くすんだ印象になってしまうことも…。

また乾燥から目を守るマイボーム腺を塞いでしまい、目が乾きやすくなってしまう場合もあります。

アイメイクのクレンジングは顔全体のクレンジングと同じように、しっかりと丁寧に落とすことが大切です。

今回ご紹介した「アイシャンプーリフレッシュ」が気になった人は、11月11日から通信販売または、一部の眼科クリニックなどで販売が開始されているのでぜひチェックして見てはいかがでしょうか。

 


◆関連商品


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。